2010年08月02日

「不安、言いづらかった」日テレ遭難死でガイド

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100802-OYT1T00818.htm?from=main4

非常に痛ましい事故ですが、報道されている情報を総合して考える限りでは、「山岳等での取材の経験豊富なカメラマンが、東京近郊の秩父の山だということでなめてかかり、軽装で山中に入った結果、何らかの事故で亡くなった」という可能性が高いように思われます。
東京でも埼玉でも、また最近流行りの富士山もそうですが、いかに都会に近い場所にあっても、そこは危険が無数にある山の中だということをしっかりと意識して、登るときには準備万端で臨むことが重要なのだろうと思います。
posted by 弁護士 中谷寛也 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39945580

この記事へのトラックバック